報酬金額は時間給換算で考える

在宅ワークを選ぶ時に同じような仕事内容であれば報酬金額で選ぶという人も多いでしょう。
しかし報酬金額ではなく、時間給に換算して比較する事をお勧めします。
どうゆう事?と思うかもしれません。たとえばデータ入力の仕事で1件当たりの単価が低く10円程度だったとしましょう。
しかしその内容はとても簡単で1時間で50件の入力をする事が可能です。
それなら時給500円換算の在宅ワークとなります。
一方でWEBライターの仕事があったとします。1記事500文字で300円となっていました。
通常1記事500文字なら150円〜200円が相場となっているので相場と比較しても悪くないと判断してしまうかもしれません。
しかしキーワードの指定数が多かったり、内容によっては調べるのに時間がかかるケースもあります。
例えば依頼した企業によっては内容が医療系の記事で間違った情報を書かれては困るからネットでの情報収集はNGで書籍に書かれている内容をようやくして20記事作成して欲しいと郵便で書籍が送られてくるケースがあります。
その場合だと書籍を1冊読むのに時間がかかってしまいます。
下手すると1時間で1記事しか作成出来ないなんて可能性もあります。
そうなると時給で300円換算で単価の安いデータ入力よりも実は安い仕事を受けてしまっているのです。
もちろん依頼を受けて詳細を聞かなければ分からない事や、詳細を聞いてもそこまで時間がかかるとは思っていなかったと実際に作業して気づく場合もあります。
そうゆう場合は受けたものは納期までに仕上げて、次からは断る事も大切です。

関連記事

    None Found